フィリピン在住の男性の毎日の生活情報サイトです

フィリピン生活日誌

フィリピンでのテニス フィリピンでの日記 フィリピンの食事 未分類

フィリピン生活 朝からハプニングの日|海外生活日記|9月19日(水)

投稿日:

おはようございます

今日は6時半頃起きて、朝の支度して、下へ降りて、テレビで大相撲のニュースを見ようと思っていましたが、犬が騒いでいたので、外の扉の鍵を開けようとキーをさして捻っていたら、根元から折れてしまいました。

違うキーを入れたようで、もう一つのキーで、その扉は開きましたが、もう一つの駐車場の扉が開けられません。大変です。予備が有りません。今日は出かける予定があるので、何とか鍵を壊して開けるしか有りません。そうこうしているうちに、朝食の準備が出来たので、食べる事にしました。

今日の朝食は、いつものサラダと昨日のトータをサンドにして貰いました。ハンバーガーのようで、美味しいです。

食後に歯を磨き、コーヒーを飲みながら、iPadで大相撲の結果を見て、その後、扉の鍵を開けようとしましたが、開かないので、彼女が隣から金ノコを借りて来たので、切ろうしましたが、全く歯が立ちません。

仕方ないので、前の家の人に事情話したら、道具を持って来て、鍵を取ってくれました。有り難いです。こちらでは、昔の日本のように、隣近所と仲が良く、頼むと皆んな快く助けてくれます。悪い人も沢山いますが、良い人もいます。

今日、インストラクターのロナルドと連絡がついて、アラバンでテニスをする事になったので、これから準備して出かけます。

テニスの後は3時半にイムスのMunicipality 市役所の裁判所へ行く事になっています。

アラバンに10時過ぎに着いて、フェスティバルでまれを降ろし、テニスクラブに向かいました。クラブに着くと、ロナルドが待っていました。コートも空いていたので、日陰のある奥のコートで、練習を始めました。

練習はいつものようにスポンジボールを使ってクロスのミニテニスのウォームアップから入り、次に普通のボールでクロス打ちをフォア、バック その後にボレー、スマッシュ、サービス アンド ストロークをやり、最後に手出しでフォアクロス打ち、バックストレート打ちをやって終わりました。

終わって汗が引くのを待って、フェスティバルに、向かいました。途中のタウンセンターでロナルドを降ろし、フェスティバルでマレリンを乗せ、イムスに向かいました。

ミーティングは3時からなので、近くのディストリクトモールで時間を潰す事にしました。

1時過ぎにモールに着きました。来る途中お腹が空いたので、味付きの小魚のような物とアーモンド、Pork Chicharonポークチチャロンと言う豚の皮を揚げたお菓子を食べて昼食の代わりにしましたが、4時頃になってお腹が空いたので、ジョリビーでホットドッグを食べてしまいました。

その頃に弁護士のグレンダから裁判所にいると言う連絡が入り、急いでそこを出ると、今度はこちらに向かったとの連絡が入り、急いで、引き返して待ちました。

しばらくして、グレンダが現れて、これまでの経過や他の問題について話し、一段落すると、今度はマニアで叔父さんと会うと言うので、すぐに向かいました。

1時間30分ぐらいで、マニラのCity of Dream と言うカジノに着きました。ここの駐車場のチェックは入念で、鏡で車の下のチェックと警察犬のような犬がいます。多分麻薬のチェックをしているのではないかと思います。

車を止めて、カジノに向かいました。カジノは通りの向こう側の建物で、中に入ると、空港の様なチェックがありました。中はかなり広いゲームセンターと言った感じです。中に入っている店はみな高級店です。最初に、スターバックスに行きましたが、席が空いていなかったので、そこを出て、RED GINGERという店に入って、食事を食べながら、叔父さんが来るのを待ちました。

今日の夕食は、料理の名前は良く分かりませんが、ポークスペアリブとフライドシュリンプでした。彼女はチャーハンみたいな物を頼みましたが、もらって食べると、すごく辛かったです。ポークスペアリブは甘めで美味しかったのですが、身が少なくて食べるのがフォークとナイフでは、難しいです。フライドシュリンプは胡椒で味付けしたごく普通の味のエビでした。写真を撮るのを忘れて、食べ残しを撮ってしまいました。

彼女の叔父さんはしばらくしてやって来ました。近くの店で、判事と話していたらしく、来てすぐに、彼女の離婚手続きの書類を出して、

その書類に弁護士のグレンダと彼女に、サインをさせて、これで、手続きが終わり、10月4日(木)に夫が裁判所に出廷しないと、それで離婚が決定するとの事でした。終わる頃には10時を過ぎていたので、僕らは帰る事にしました。

帰りは、メイちゃんの所へ行くつもりでしたが、土曜日でいい事になり、まっすぐ帰りましたが、道が全く分かりません。仕方なく信号で止まった時に、隣に止まったトラックの運転手に聞いたところ、途中まで同じ方向なので、ついて来なさいという事なので、アラバンの手前まで後ろについて行きました。待ってくれたりして、親切でした。

結局アパートに着いたのは12時を過ぎていました。僕はすぐにシャワーを浴びて、ブログを書けるところまで、書いて、寝る事にしました。おやすみなさい。

後半は時間がなかったので、次の日の朝書きました。

スポンサーリンク

-フィリピンでのテニス, フィリピンでの日記, フィリピンの食事, 未分類

Copyright© フィリピン生活日誌 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.